ここから危ない!血圧数値
血圧に関する本とメガネ

高血圧の基準となる血圧数値を知らないと、いざという時にすぐに治療を開始する事ができませんよ。

多胞腎臓と血圧都の関連、そして新ガイドライン

多胞腎臓は難病とされる一連の腎疾患の総称です。この多胞腎臓には、その主なものが遺伝子異常が原因で引き起こされるものが殆んどであり、これらの多胞腎臓で引き起こされる症状と病気は、国の難病にも指定されています。そして代表的な多胞腎臓の症例としてあげられるのが、常染色体優性多発性嚢胞腎(ADPDK)です。この難病は、腎腫大による出血や尿蛋白、腎疾患、頭蓋内出血のそして高血圧などがあげられます。そしてこの病気の治療には、血圧のコントロールを適切に行い、高血圧による内外出血を抑えなければいけません。
また新ガイドラインによると、一般にこれ等の遺伝を持っている人でも、その年令が30歳から40歳頃までは無症状であるため、自分自身がその遺伝を持っていることを知らない人が殆んどでしょう。
そしてこれら一連の症状が出た際の重症化を避けるためにも、血圧や普段からの健康的なライフスタイルに留意するとともに、家族に腎疾患などの既往症の有無などを確認することも、この病気を克服することに一役買います。
そして新ガイドラインで示されているものには、新生児に見られる常染色体劣性多発性嚢胞腎 (ARPDK)や腎不全が進行した後期に嚢胞が両側腎に発生する多嚢胞性腎萎縮(後天性多発嚢胞腎 ACDK)などがあり、これらの病歴は以前は全て常染色体優性多発性嚢胞腎の中に入っていました。
しかし新ガイドラインではより正確な症例と病気の治療のために、より細かな症例による呼称が分類されています。もし家族の中により重篤な腎疾患や頭蓋内出血の既往症が認められる際などには、ご自身がその遺伝を受け継いでいる可能性があり、これらの症例をかかりつけの医師に相談しておくことが重要でしょう。