ここから危ない!血圧数値
血圧に関する本とメガネ

高血圧の基準となる血圧数値を知らないと、いざという時にすぐに治療を開始する事ができませんよ。

妊娠高血圧を伴った経産婦の看護と改善への取組み

赤ちゃんの手妊娠をした女性のおよそ一割程度の人が経験することになるのが妊娠に伴う高血圧症です。妊娠時の高血圧症として典型的なのは妊娠20週以降に高血圧が見られるようになり、産後12週までに血圧が正常値に戻るというものであり、その原因については明確になっていません。通常の高血圧管理のように安易に降圧剤を処方して管理することも母体や胎児への影響を考えると裂けるべきであると考えられ、多くの降圧剤も妊婦に対して禁忌となっています。また、運動療法も適用できないことから基本的には食事療法とストレスの軽減が改善のための取組みとして行われます。初産婦に発症が多いことに加えて、経産婦の場合には再発が多いのが特徴です。また、若年出産や高齢出産の場合にも生じやすいという傾向が大きく、そういった際には入念な配慮がなされていきます。
経産婦の看護においては妊娠直後から妊娠高血圧症の発症を不安に思う人が多いため、その改善のための取組みを初期から行うことが大切です。経産婦の看護においては食事療法により適正体重を目指すということが体調管理と並行しておこなわれていきます。また、ストレスが影響を及ぼす可能性が高いと考えられていることから精神面の改善を図るということも経産婦の看護においては重要視されます。過度な不安によってストレスを感じ、精神的な疾患を負ってしまうと出産そのものに影響を及ぼす恐れもあるため十分なケアがなされなければなりません。しかし、妊娠高血圧に対する確立された予防策は現状として確立されていないことから、安静と入院というのが基本的な方針となり、できるだけ出産を早められるように心がけるというのが基本方針となっています。